中古車購入

1.中古車の価格

中古車の「車両本体価格」には、「車両本体価格+消費税」が表示されています。
しかし、車を購入すると、それに付随して保険にしなければならなかったり、
消費税とはまた別に税金が課せられたりします。
また、車両によっては車検の更新や手直し、オプション装備が必要になります。
そのため、車両本体価格とあわせて、税金や保険料を準備しておく必要があります。

2.中古車の車検表示

中古車を購入する際本体ばかりに目が行きがちですが、車検の有効期限がある中古車を購入する場合、 車検取得費用を負担することなく購入できます。
車検が残っている車を買うほうがお得です。

3.整備手帳の確認

中古車がきちんと整備されているか、いつどういう整備を行ったのかなどが記されている整備手帳を確認しましょう。これにより、車の状態を知ることができます。
また、修復歴を確認することで、その中古車が事故車かどうかを知ることができます。
質の悪い中古車を避けるためにも、整備手帳はきちんと確認しましょう。

中古車購入の流れ

いざ車を購入しようと各メーカーのディーラーに足を運ぶも、安くとも100万を超す新車にはとても手が出せない・・・その様な方に中古車はもってこいの商品と言えるのではないでしょうか。 ここでは中古車購入に関して初心者でも分かりやすく説明していきます。

まずは車の維持費を計算していきましょう。車には駐車場代や任意保険代、ガソリン代、ローンを組む人はローン代などかなり多くの出費が重なってしまいます。その他には駐車場を借りる人は駐車場代、2年に1度の車検代、エンジンオイルやバンパーなどの消耗品にもお金がかかってしまいます。少なく見積もっても月に3万円はかかってしまうでしょう。その事を頭に入れながら車の購入を考えでいくことは大切です。

次に任意保険の確認です。任意保険は事故などを起こしてしまったときに役に立つ保険なので、車を運転する人であれば必ず加入しておきましょう。また駐車場を借りる必要がある人は、周辺の駐車場でなるべく安く済むところを探しておくといいでしょう。

次はいよいよ自動車選びです。中古車屋に実際に足を運んでから決めても良いですが、今はネットで情報を出している中古車屋が大多数です。近場の中古車屋のホームページを確認し、ある程度購入したい車のメドを立ててから中古車屋に足を運んでも良いでしょう。 車選びが終わったら次は必要書類に必要事項を記入します。印鑑証明書以外はその場でもらえるので、中古車購入を目的で行く方は印鑑証明書だけは忘れずに持っていきましょう。

最後に納車日などの打ち合わせをしたら中古車購入は終了です。また車の納品日と合わせて必ず任意保険に加入するようにしましょう。