中古車と廃車の境目

中古車と廃車、こう2つを並べた時に、それぞれどのようなものを想像されるでしょうか。
一般的に、中古車はまだ走れる、使える車が店頭に並べられているのを、廃車だと、鉄くず同様に積み上げられているようなものを想像されると思います。
しかし、実際の中古車と廃車は、もっと親しいところにいると考えて良いでしょう。
特に、自動車に限らずモノの品質を非常に重視する日本よりも、自動車に対してより実用的な考え方を持つ外国では特にその傾向が強まります。

日本で廃車として買い取られた自動車には、複数の行き先があります。
ひとつは、鉄やプラスティック等の部品に分けられて、リサイクルされて別の製品に生まれ変わるものです。年式が古く故障箇所の多い車や、事故などで無事なパーツの少ない車は、リサイクルされることが多いです。

もう1つは、日本国内で廃車手続きを済ませた後に海外へ送られ、そこで中古車として販売されるパターンです。
日本車は壊れにくく価格も手頃なので、海外では根強い人気があります。新車を買うことは難しくても、中古ならば手が届くということで、庶民の足や、大切な仕事道具として使われています。
日本で商用車として使われていた車の、屋号のペイントやロゴマークをそのままにして使っているケースも多く、海外旅行の語りぐさとしてよく語られています。
見た目の美しさや、年式にこだわらず、動いて使えれば良いと考える人にとっては、日本で一度廃車になった自動車は、お買い得な商品です。
多少のパーツ欠品や故障がある場合は、修理して販売されることもあります。

それよりも、少し状態の悪い車は、パーツ取り用としてパーツ単位で海外に輸出されます。
日本よりも車を修理して長く使うことが一般的な国では、不動車からのパーツ取りは重要な自動車の修理方法です。時には、車体のほとんどがいろんな他の車からの寄せ集めになっても動いているような車もあります。

このように、自動車は国内で「廃車」として扱われるような状態のものでも、国や視点を変えれば、大切な資源、資産として十分に成り立つようなものです。 廃車を買取る各社では、その売り先や、取引方法をそれぞれに工夫して、少しでも高値で、条件の良い廃車買い取りを実現するために動いています。
廃車のことなら:http://haishaok.com/-廃車買取のラインナップ